LOVE THE WAY YOU LIVE

起きて、洗濯して、子どもを送り出し、家事や仕事をこなしてるうちに日が暮れ、あっという間に夜がやってくる。
忘れられない特別な日もやってくるけれど、1年のほとんどは「なんでもない日々」だったりする。それでも、1日一瞬でも自分立ち止まって・観ることを意識できたら…?きっと、少し先の自分にとって、かけがえのない記憶が刻まていくはず。
カメラを手に、その旅に出ませんか?

なんでもない日々の
暮らしの足跡を残す
365 Project

#365project

を学びたい

「日常の家族の姿こそ、私が一番残したいものじゃないか。」

それに気づいている人には、毎日の暮らしにカメラをむけるこのプロジェクトにぜひチャレンジしてもらいたい!ルールは特にありませんし、写真を始めたばかりの人でも、プロでも誰でも始めることができます。インスタグラムには365project関係のハッシュタグもたくさんあってとても参考になりますので探してみてくださいね。


365 Projectというのは、「365日毎日写真を撮る」ことを目標に掲げたプロジェクトで、日々過ぎ去っていく”子どもとの暮らし”を撮って残そうと、特に子育て中の親を中心に海外で流行り出したものです。

お出かけしたときやハレノヒ写真はあるけれど、自宅や近所で撮った”今の家族の姿”は全然残っていないという方、多いんじゃないかなと思います。

日常写真

の写真を撮りたい

自分のため

365projectとは?

what's 365 project?

を大切にしたい

ときめき

にしたい

挑戦の1年

一つでも当てはまれば365は絶好の機会!



【 含まれるもの 】
01.  365project ガイドの送付 (PDF)
02. オンラインコミュニティ (slack)へのご招待
03.  2週に1度のテーマ提示
04.  月1 ZOOM meet up

紡ぐ365コミュニティメンバー募集 !

SUPPORT GROUP

365日の道のりはやっぱり長いもの。誰しもが、何度もアップダウンを経験します。そんな時、同じ挑戦をしている仲間の存在にどれほどの力をもらえるか!いい報告も、停滞期の苦しみや悩みも、話すことで支え合えたら。
*入会金、会費なしのフリーコミュニティです。


詳細

22年度も元旦に出発!

Join our community!

01.

365project ガイドの送付

365プロジェクトの進め方についての詳細、投稿や印刷などのアウトプットについて、お伝えできることを記載しています。撮れなくなるトラップを回避したり、挫折感のあるときにすこし浮上してこれる羅針盤になればと思っています。

JOIN US!

02.

オンラインコミュニティ (slack)へのご招待

SLACKというプラットホームを活用し、365projectにチャレンジする仲間たちとの支え合いの場を持ちます。撮った写真の投稿だけでなく、停滞期のつぶやき、日々の暮らしや子どものことなど、ざっくばらんに話しましょう。コミュニティの目標は、それぞれの創造性を高め、なんでもない日常の中にインスピレーションを発見できるようにすることです。

JOIN US!

03.

2週に1度のテーマ提示

SLACKコミュニティ内で、撮影テーマを提示します。なんでもない日々を、新しい視点で見れるようになる仕掛けになればいいなと思っています。課題ではないので、アイディアのひとつとして蓄えていってくだされば。

2021年度の事例)朝の習慣/ネガティブ・スペース/図形/レイヤー/希望など

JOIN US!

04.

月1 ZOOM meet up

毎月月末に参加者のみんなでZOOMを繋いで話す機会をつくります。事前にslackでテーマを決めて話す日もあれば、雑談になる日もあります。うまくいってることもいってないことも、関心の湧いてきたことも、疑問に思ってることも、みんなで聞き合い、話し合いましょう!

JOIN US!

ドラマチックでもなんでもない日常が、振り返るとただただ愛おしい。
そんな、当たり前なようで、でも本当の意味で実感できてなかった気持ちに、改めて気づくことができた。
ご飯を食べる時、スーパーに行く時、朝起きた時、テレビをボーッと見てる時…。きっと以前の私なら、わざわざ撮ることもなかったかもしれない瞬間たちを拾い集めたら、自分のためだけのとっても愛しい写真たちになった。

誰かに届けるつもりもなく、ただ自分の好きなように撮る写真
。自分のための自分視点の写真。そんな写真をとるきっかけを、365projectがくれたのかもしれない。

メンバーの感想

Read our reviews!



365に出会っていろいろな視点から写真を撮ることを学んだと思います。
SNSにある美しい写真を撮らなくてはならないと頭の中でがんじがらめになっていたのが、ありのままの生活を写すことで、日常の中にも美しいものはあると思い出させてもらいました。
特に子どもがいる生活では、毎日忙しく過ぎ去り、日常の小さな発見は忘れてしまいがちです。
あの頃はこの洋服を着ていたんだ、この食べ物が好きだったんだと…一年後に見返すとタイムカプセルのようで、あの時本当に大変だったけれど、こんなにも成長したんだなと瞬時にわかります。
私は毎日撮り続けることはできなかったので、来年は参加する資格がないかもしれないと思っていたのですが、こんちゃむのあたたかい言葉に励まされ、毎日でなくても自分のペースで続けていきたいなぁと思っています。

メンバーの感想

Read our reviews!



目にカメラがついていたらいいのに、と思うほど子どもの一瞬一瞬が愛おしいと感じる親バカさ。

プロジェクトが始まるとカメラとの距離が近くなり、今まで逃していただろう可愛い瞬間もすかさず撮り残すことができた。子どもたちの成長と共におもちゃや衣類、生活に変化が出るけれど、子どもたちが作った環境と思うと散らばった部屋でさえも愛おしい。片付いていない部屋で写す1枚も紡ぐ365projectを通して価値が生まれた。

今年は日常生活の中での「ときめき」を写しながら、自分自身も見つめてあげたい。

メンバーの感想

Read our reviews!



はじめて参加した1年でした。
スマホの日があったり、寝る直前に思い出して慌てて撮った日もあったけれど…それでも撮り集めた写真たちを見返してみると、今までよりも鮮明に1年間の出来事を思い起こせます。

とっ散らかった家の中・映えない家の前。飾らないありのままの背景に、家族の成長や笑顔や泣き顔・葛藤が詰まっていて、私と家族にとって最高の宝物になりました。

きっとこの写真たちは、時が経つとともにどんどんかけがえのないものになるはず…そう信じて、365projectの仲間たちと共に、今年も撮り続けたいと思っています。

メンバーの感想

Read our reviews!



2021年の365projectは途中で挫折してしまいましたが、そんな自分や自分の育児と向き合う良い経験になりました。自分の中で決めたルールで縛り付けていたことや他人と比べて負のループへ自分から入っていきがちでしたが、自分を認めて受け入れることや切り替えることの大切さ、本当に見なきゃいけないものは?と考えるきっかけとなりました。それは写真だけでなく、育児でも仕事でも大切なマインドだなぁと思ったこの一年。日常写真があったからこそ、振り返れたと思っています。

2022年は、日常から学ぶこと、幸せを感じることをカタチや言葉にしていきたい!楽しく!自分らしく!をモットーに365日の旅の中で自分を成長させたいと思っています!

メンバーの感想

Read our reviews!



仲間に入れて!

このプロジェクトの目的は「撮る」ことなので、 INSTAGRAM への投稿を含めたアウトプットのルールは各自にお任せしています。ですから、投稿は必須ではありません。このことから、インスタグラムのアカウントを持っていない人、鍵付きアカウントの人ももちろん参加可能です。

Q 3 .
毎日INSTAGRAMに投稿しないといけませんか?

365日完遂することは素晴らしいことですが、#紡ぐ365コミュニティでは「一年先まで撮り続ける」という気持ちを持っていることを大切にしたいと思っています。正直、365日、1日も欠かさずに撮るのは至難のわざです。病気や怪我、妊娠や出産、復職や離職など、プロジェクトを始めた頃に予期していなかったことも起こり得ます。「撮れなかった日があったら次の日に挽回する」や「3日以上はあけない」などそれぞれ自分たちでルールを決めていただけたらと思います。そんな中で停滞する時期があっても「脱落した」と落ち込まず、続ける気持ちを持ち続けてみてください。

Q 2 .
毎日撮れなかった場合はどうなりますか? 

もちろん!写真が撮れさえすれば、機材は問いません。デジカメ、スマホ、フィルム、ハーフカメラ、チェキなどなんでもどうぞ。

Q 1.
デジカメではなく、スマホでもいいですか?

よくある質問

できます。コミュニティとしては1月1日から12月31日を期間としますが、ご自身で開始日を決めていただきそこから365日継続していただけたら問題ありません。撮っていた期間を遡ってカウントしている方もいらっしゃいました。自分でルールを決めていただければ。

Q 4 .
途中参加はできますか?

FAQs

もちろんです。子どもがいてもいなくても、撮ることは「あなたの」日常。家の中の風景、窓から見える景色、通勤風景、セルフポートレートなどあなたの日常の要素となっているものは無限にあります!日常はあなたの旅であり、あなたの視点でひらかれであることを思い出させてくれる素敵な経験になると思いますよ。

Q 5 . 
子どもがいなくても参加していいですか?



家族との大切な時間に光をあてる仕事をしたいという思いから撮影サービス「百穀レンズ」を設立。お母さんたちが残したいと思う、嬉しく、喜ばしく、でも振り返るとちょっと切なくもあるような瞬間を撮ることを目標にしている。美味しいご飯を作ること、家族への暖かい眼差しを送り続けるという大切なシゴトをもちゃんとやっていきたいと思っています。笑

ホスト

百穀レンズ 田中佳奈

Host

登録フォーム

送る

Join us!