七五三の費用は総額いくらかかる?内訳やお祝い返しとは何かも紹介!

子どもが無事成長していることを祝い、これからも無病息災であることを神様に祈願する七五三。

ご両親や祖父母にとって、子どもの可愛い晴れ姿を見ることができる大事なイベントの一つですよね。

しかし、初めて七五三を経験する親は、費用がいくらかかるかも分からず不安に思うこともあるでしょう。

そこで今回は、

  • 七五三費用の総額はいくらかかるの?
  • その内訳は?
  • 七五三のお祝い返しについて知りたい!

このような疑問にお答えしていきます。

最後までお読みいただくことで、七五三にかかる費用を知り、事前に準備することができるので安心ですよ!

七五三の費用総額はいくらかかる?ママたちのリアルな声!

七五三を経験したママ50人のリアルな声を以下でご紹介していきます。

Q.実際にかかった費用総額は?

50人のママの声を集計した結果、七五三にかかる費用総額は2万〜5万が半数以上ということが分かりました。

全体の30%(15人)の方が「3〜4万円未満」、18%(9人)の方が「2〜3万円未満」、14%(7人)の方が「4〜5万円未満」の七五三費用が発生すると回答されました。

ママの声の中に「5万円以上」という方も22%(11人)おり、やはり七五三費用は高いんだ!と思われる方も多くいるでしょう。

これは、各地域によって七五三の祝い方に違いがある事も理由の一つです。

また、選ぶ写真の枚数や、衣装を購入するかレンタルするかによっても違ってきます。高い方だと20万近く掛かったという意見もあります。

Q.出費は予算内?それとも予算オーバー?

実際、七五三にかかった費用は予算内だったのか?それとも予算オーバーだったのか?について、ママのリアルな意見は「予算通りだった」が52%と一番多い結果になりました。

ほとんど方が、七五三の予算を2〜5万円程度に予想して準備しているようです。

次いで多かったのが「高かった」の32%ですが、ある程度予想がつく七五三費用の中で最も予想がつきにくいのが、写真の購入枚数です。

スタジオで写真を撮影する際に、複数のお色直しや背景を変えて撮影をするため、選びきれずに購入枚数が多くなってしまうことがよくあります。

このような場合は、予算オーバーしやすいので注意が必要です。

Q.出費のうち一番かかった費用は?

七五三費用のうち、一番費用がかかったのは「写真スタジオ代」であると60%(30人)の方が答えています。

神社に子どもの成長を祈願する七五三ですが、おそらく主な目的は我が子の晴れ姿を写真に納めることではないでしょうか?

神社の初穂料はそこまで高くないため、高額になる主な原因は写真撮影代の場合が多いようです。

七五三費用の内訳は?

子どもの成長に感謝し、これからも我が子が健康で過ごせるよう祈願する七五三。

色々出費はかさみますが、今日という日を最高の思い出にするために奮発して予算を組む方は多いでしょう。

事前に予算が組めるように、以下で七五三費用の内訳をご紹介していきます。

初穂料(御祈祷代)5,000円〜20,000円
写真撮影代10,000円〜50,000円
子どもの衣装代(レンタル)3,000円〜18,000円
ママの衣装・着付け・ヘアセット代10,000円〜30,000円
交通費5,000円未満(移動距離による)
食事代3,000円〜20,000円程度(外食する場合)
お祝い返し代2,000円〜20,000円(頂いた1/3程度の金額)
七五三費用の内訳

七五三には、上記のような費用が発生します。

初穂料は神社によって5,000円〜値段設定がされており、主に手土産の品数が違います。金額によってご利益が異なるわけではないので、気持ちよく出せる金額で良いでしょう。

一番費用がかかる写真撮影は、撮影代だけであれば3,000円程度ですが、印刷やアルバム作成が別途かかるため、多めに予算を立てておくことをお勧めします。

子どもの衣装は、新品で購入した場合数万〜数十万円と費用が高額です。

最近ではネットの衣装レンタルか撮影スタジオで当日の衣装をレンタルし、神社に参拝する方が多いようです。

七五三のお祝い返しについて

七五三のお祝いとして、親戚からお祝金をいただく事もあるでしょう。その場合、お祝い返しをどのようにしたら良いか迷われる方も多いのではないでしょうか?

  • 七五三で頂いたお祝いにもお返しは必要?
  • いつまでにお祝い返しをするべき?
  • 金額の目安やおすすめの品物は?

これらについて解説していきます。

Q.七五三で頂いたお祝いにもお返しは必要?

七五三のお祝いには、お返しは必要ないと一般的には言われています。

身内の祝い事ですし、子どもの成長を祝うということからもお返しはしなくても良というのが理由です。

しかし、個人の考え方や住む地域の習慣でも違うため、一応お返ししておいたようが今後の付き合いとしては良いでしょう。

Q.いつまでにお祝い返しをするべき?

七五三のお祝い返しは、当日から1週間以内で送るのが目安です。

あまり先延ばしにせずに、感謝の気持ちとして早めにお渡ししたほうがお互い気持ちよく過ごせるでしょう。

Q.金額の目安やおすすめの品物は?

七五三のお祝い返しの目安は、頂いた金額の1/3または半分程度と言われています。

頂いた金額よりも高いお返しをすることは相手に失礼となるため注意しましょう。

おすすめの品物としては、気軽に使える消耗品がおすすめです。

  • 千歳飴
  • タオル
  • お菓子
  • ドリンク
  • 日用品
  • カタログギフト

このように相手に気を遣わせない程度のお返しに、当日撮影した写真を同封することで、相手の方にも子どもの成長を共に感じて喜んでいただけるのではないでしょうか。

子どもとの思い出は何物にも代え難い価値がある

これまで七五三の写真撮影は、スタジオで行う場合がほとんどでした。

室内のセットで済まして座る我が子も可愛いでしょう。しかし、より自然な子どもの成長を感じたいと思う人が増え、七五三をフォトグラファーに出張依頼で撮影してもらうご家庭が増えています。

実際、七五三費用アンケートの結果でも、22%の方が5万円以上かけたと答えているのです。

お支度風景からお参り風景、七五三を祝って行う祝膳の風景まで、フォトグラファーが長時間家族と共に行動し七五三の写真をたくさん撮ってくれます。

子どもの成長した姿を逃すことなく写真に撮れるのは、出張撮影だからこそです。

選びきれない素敵な写真の数々を、アルバムにして注文する方が多く、そのため費用もかかりますが一生に一度の七五三のアルバムに家族全員が大満足します!

ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんにとっても、忘れられない子どものハレの日をいつでも見返すことができるでしょう。

プチプラブームのご時世で、子どもとの思い出だけはお金では買えない価値があります。この瞬間は二度と戻ってはこないのです。

大切な思い出をアルバムに、またいつでも家族が見られる場所に飾っておくことで、笑顔が絶えない日々を子どもの成長と共に送ることができますよ。

七五三の大切な写真を撮るなら「百穀レンズ」

七五三の写真を撮影するのであれば、岐阜県郡上市を拠点に活動する「百穀レンズ」がおすすめ。

「百穀レンズ」はご自宅や神社、着付けする場所どこにでも伺います。そして、ポーズをさせたり突発的に笑わせるのではなく普段通りに過ごす景色を撮影していきます。

七五三の写真を撮影スタジオ内で撮られる方は多いですが、ママやパパにとって子どもの成長は、カメラ越しでは中々撮ることができない、ふとした瞬間のはずです。

自宅で初めての晴れ着に誇らしい顔をする姿、神社で千歳飴を持ちながら一生懸命神様にお祈りをする姿、レンズ越しでは絶対に見せない顔でママを見て微笑む姿。

このような自然な子どもの成長を一生残る写真に納めるのであれば、ぜひ「百穀レンズ」にご連絡ください。

いつ見ても微笑ましくなる家族の風景を撮影させていただきます。

百穀レンズの撮影メニューはこちら>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。