【郡上市】白山中居神社でお宮参り|出張撮影で最高の思い出に!

  • 白山中居神社ってどんな神社?
  • 祈祷しなくてもお宮参りはできる?
  • お宮参り当日の写真撮影はどうしよう…

このような疑問にお応えしていきます。

赤ちゃんの誕生を報告し、すこやかな成長をお祈りするお宮参り。
家族みんなが心からお祝いできるように準備したいですよね。

この記事では、お宮参りをする神社を探している方や、初めてのお子さまのお宮参りを迎える方に向けて、郡上市にある白山中居神社のお宮参りについてご紹介。

最後までお読みいただくと、安心してお宮参りの準備ができますよ。

【郡上市】白山中居神社でお宮参りをしよう

圧巻の大杉に囲まれた白山中居神社。

心地よい風が吹く石畳の参道や、見事な彫刻の社殿は山の中のオアシスです。
時間もゆったり流れます。

歴史を感じる厳かな雰囲気の中で、お宮参りをしてみませんか。

歴史とパワーに満ち溢れた白山中居神社

富士山、立山と並ぶ日本三大霊山のひとつである白山。
白山中居神社は、白山信仰と深い関わりを持っています。

森に囲まれた静かな場所にあり、清々しく厳かな雰囲気。

150本にもおよぶ杉は、樹齢200年から1,000年の大木です。

山間部の奥地に突如現れる美しいお杜は、まるで神様が宿る別世界。

本殿正面にある「栗の鶉」「竜と脇障子」の彫刻は県の重要文化財に指定されています。
また、周辺の「白山中居神社の森」と「ブナ原生林」「浄安杉」は県の天然記念物です。

●白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)
住所:岐阜県郡上市白鳥町石徹3-48
問い合わせ先:白鳥観光協会(0575-82-5900)

白山中居神社でのお宮参りの祈祷は予約が必要

白山中居神社でのお宮参りの祈祷と正式参拝には予約が必要です。

しかし、神社には電話と公式HPがありません

そこでお宮参りの予約方法について、facebook内の白山中居神社に問い合わせてみました。(※2022年6月の情報です)

〈お宮参りの祈祷と正式参拝の予約方法〉

  1. facebookで「石徹白洋子(白山中居神社宮司)」を検索する
  2. メッセージにて予約の連絡をする
  3. 返事がきたら予約完了

神社には電話がないので、facebookで宮司さんに直接連絡をして予約を取ります

祈祷なしでもお宮参りはできる

お宮参りの本来の意味を考えると、神社で祈祷してもらうのが望ましいもの。

しかし、生後1ヶ月〜3ヶ月の赤ちゃんを連れた長時間の外出に抵抗を感じたり、予約の手順が面倒に感じたりする場合もありますよね。

その場合は祈祷せずに神社に参拝するだけでも大丈夫です。

参拝時に赤ちゃんの誕生を神様に報告し、すこやかな成長をお祈りしましょう。

赤ちゃんとママの体調を最優先に考え、それぞれの家庭に合わせたお宮参りができるといいですね。

「一生マメに育つように」と願掛けを行う

白山中居神社では、「一生マメに育つように」と願掛けを行います。
その為、 お好きな豆を持参しましょう。

豆の種類は、大豆でも黒豆でも構いません。

やり方は、 写真のように、ご祈祷の中で赤ちゃんの頭を乾燥豆を入れた一升枡(ます)にあてます。

赤ちゃんが健康にすくすくと育ってくれるようお願いをしてくださいね。

これで安心!お宮参りの初穂料の相場と日程を解説

初めてのお宮参りは、神社に納める初穂料や日程の決め方などもよくわからないですよね。
ここからは、初穂料の相場とお宮参りに行く時期について解説していきます。

お宮参りの初穂料の相場

神社で祈祷する際には、お礼として神様へ初穂料または玉串料を納めます。

一般的な相場は「5,000円」で、次に多いのが「10,000円」です。

神社によっては金額を指定している場合もありますので、予約時に確認しておくと安心です。

わからない場合は、5,000円を目安にすると良いでしょう。

お宮参りは時期をずらしてもOK

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を報告し、これからも健康で幸せに成長していけますように、と神様にお参りする行事です。

〈お宮参りの一般的な時期〉
・男の子なら生後31日目〜32日目
・女の子なら生後32日目〜33日目

一般的な時期は決まっていますが、しきたり通りの日程で行わないといけないわけではありません。

ママと赤ちゃんの体調が安定する時期に調整するとよいでしょう。
1ヶ月健診が終わり、徐々に外出し始める頃が目安です。

ママにとっても久しぶりの長時間の外出になるはず。

自分の身支度や、授乳のタイミングなどの不安もありますよね。
無理をせず、赤ちゃんとの外出に少し慣れてきたころの参拝で問題ありませんよ。

そして、気候にも注意したいところです。

厳しい気候での外出は赤ちゃんの負担になってしまいます。
真夏や真冬は避けて、気候が穏やかな日にお参りしましょう。

出張撮影でお宮参りを最高の思い出に!

赤ちゃんの誕生を報告し、すこやかな成長をお祈りするお宮参り。

特別な記念日の撮影はプロのカメラマンに依頼するのがおすすめです。
赤ちゃんの撮影に慣れたフォトグラファーも多いので、安心して任せられます。

出張撮影を利用すれば、境内でも撮影が可能。
フォトグラファーが家族に同行し、参拝中の時間も思い出に残します。

上のお子さまも一緒のお宮参りなら、なおさら出張撮影がおすすめです。
スタジオに行く必要がなく、お宮参りと撮影が同時進行できます。

神社での笑顔あふれる自然な写真が、出張撮影最大の魅力。
お宮参りならではの風情ある写真も残せますよ。

お宮参りの出張撮影は「百穀レンズ」

お宮参りの出張撮影は「百穀レンズ」におまかせください。

「百穀レンズ」の出張撮影は、神社だけでなくご自宅も可能。

お宮参り後のリラックスした姿も思い出に残しませんか?
参拝した後に、ご自宅でゆっくり過ごしている風景も撮影できますよ。

神社とはまた違った、温かみのある「お宮参りの一日」。
気取らない、赤ちゃんとの暮らしをカメラに収めます。

事前に撮影内容や場所をしっかりヒアリング。
「自分ではなかなか撮れない泣き顔も撮って欲しい」そんなリクエストにも応えます。

「百穀レンズ」のフォトグラファーが、自然な一コマを温かい目線で切り取り、見返すと幸せな気持ちが蘇る写真を撮影します。

百穀レンズの撮影メニューはこちら>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。